東明と舞鶴の両主将 抱き合い甲子園託す 「大親友でライバル」

 試合終了後、グラウンドで涙を流して抱き合う2主将の姿があった。敗れた大分東明の川見流空主将(3年)は「おまえはすごいな。絶対甲子園に行けるから。頼むぞ」。エールをもらった大分舞鶴の衛藤晃太主将(同)は「おまえらは本当にいいチームやった。頑張って甲子園に行くから」と誓った。

 2人は幼稚園から野球に...

残り 241文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

PR