『竜とそばかすの姫』 仮想空間の映像美と躍動感

 ネットの世界と現実の生活を行き来しながら、高校生の成長を描いたアニメ映画。これまで「サマーウォーズ」(2009年)でも同じテーマの作品を手掛けてきた細田守監督の最新作。

 主人公の鈴(すず)は、自然豊かな地方の町で父と2人暮らし。母は、川で見知らぬ子どもが溺れていたのを助けようとして、亡くなった。...

残り 607文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR