まるで「万里の長城」 日本有数、長崎の「猪垣」を訪ねて

 長崎県西彼杵半島に万里の長城を思わせる長大な「猪垣」(ししがき)ある。誕生したのは今からおよそ3世紀前、8代将軍、徳川吉宗の時代。農作物をイノシシや鹿から守るため、農民らが現地にある石を使って築いた。総延長は約47キロ(長崎県西海市から長崎市神浦など)に及ぶ。江戸時代などの猪垣は大分県国東半島、長崎県対馬など各地に残っているが、これほど長大なものは九州にはなく、規模は「日本有数」とされている。約1年後の2022年6月は、長城のごとき猪垣の築造が開始されて300年。林道開発などで姿を消しつつある近世の農業土木遺産を後世に残そうと奮闘している人が福岡県糸島市にいる。猪垣が残る西海市出身の会社員で地質調査技師のおさじま聖二さん(56)。筬島さんの案内で現地を訪ねた。

■史跡は基点石だけ

 学術的に貴重な遺構であることが分かったのは1976(昭和51)年。長崎県教育委員会の調査で、半島をほぼ一周する形で築かれ、総延長は70キロ以上と公表された。ただ、このときは大村湾(内海)側は十分な現地調査がされないままだった。

 猪垣築造の始まりとされるのが西海市西海町中浦に残る「西彼杵半島猪垣基点石」。戦後、開拓地となった奥野地区の養豚場の裏手にある。70年代までは一面の桑畑だった。標高約300メートル、半島北部の分水嶺にあり年中、風が強い。平家落人伝説の塚や金を採掘した鉱山跡も残る。

 西海市教委で文化財を担当する社会教育課係長の原口聡さん(43)は「現代でも価値ある遺構です」と話す。全国各地で深刻化している獣害に、私たちの先祖も頭を悩ませていたことが一目で分かる点が重要という。玄武岩を積み上げた猪垣は、イノシシが侵入してくる山側の傾斜がきつく、農地側は緩やかになっている。

 現地にある三角すいの玄武岩の表面に「享保七〓とら年」と刻字がある。大村藩の記録「九葉実録」の「享保七年六月二十二日の項」の中には「石垣を築き猪鹿を防ぎ田畑を護る」と記載され、江戸末期の大村藩「郷村記」第五巻にも「猪留石垣之事」として、基点の中浦から西の外海(東シナ海)側の集落を外回りに南下し築造されたことが記されていた。

 ただ、原口さんによると、現存する遺構と古文書から年代が一致するものは基点石しかなく、猪垣のうち県が有形民俗文化財として史跡(68年4月指定)にしたのは基点石のみだ。

 どのように費用を捻出し、築造したのかを示す史料もなく不明のままだ。

 地元の農協組合長などを歴任した木之下昌治(ペンネーム・樹下昌史、故人)氏は83年、住民への聞き書きなどを基に小説「享保猪垣始末記」(家の光協会)を出版。発起人となった庄屋の郡千右衛門と、彼を支えた地頭の北条伊織が命を懸けて、過酷な労役に苦しむ農民の反発を受けながらも、8年の歳月を掛けて完成にこぎつけた物語として描いている。

(※〓は判別ができない文字)

■5年をかけ全域踏査

 いわば、江戸時代の農民の血と汗の結晶である長大な猪垣も、基点石のほかは文化財として保存の規制がなく、相次ぐ林道建設や農地の開墾で消失したり、植林されたヒノキの森に隠れたりしている。

 筬島さんは基点石の近くが古里で、北海道大学理学部(地質学専攻)に入学するまでこの地で育った。「貴重な農業土木遺産を残すことは使命」との思いで、仕事の合間をみては2012年から5年間、休日を利用して長崎県教委が公表した約70キロの猪垣の想定概略図の全域を踏破した。

 その結果、「内海(大村湾)側は外海側との連続性がある猪垣は確認されなかった」「半島の西側において(県教委の想定概略図に示された猪垣の)8割、総延長約40キロが現存している」と科学雑誌「号外地球-文化地質学」(海洋出版)などで発表。その後の調査で総延長は約47キロと修正、うち約43キロは連続性があることを明らかにした。

 筬島さんの論文によると、猪垣のほとんどが現地で採れる石を活用している。基点石などを含む半島北部は全体の17%に当たり、大半は玄武岩。全体の80%を占めるそれ以外の地域は、ほぼ結晶片岩。残る3%の地域は砂石、蛇紋岩だった。

 猪垣の高さは、1・2メートル~1・8メートル。これはイノシシが飛び越えられる1・1メートルの高さを超える想定だという。幅は0・5メートル~1・2メートル。築き方は、尾根や斜面で最も多いタイプが、平たい結晶片岩を単純に積み上げる方式である。

 場所によっては、猪垣の脇にイノシシを捕まえる猪落としの穴や、人や牛、馬が通る木の格子がはめられた「戸せき」を設けていた。関所の木戸のようなものだ。

 戸せきは片側開きで、朝一番に通る者がかんぬきを抜いて開け、最後に通る者が閉める決まりだった。戸を閉め忘れると、罰則として庄屋の家で3日間、無報酬で働かなければならなかった取り決めもあったという。昭和の初期まで残っていたとされる。

■保存への道筋を

 こうした構造が比較的、良好に残っているのが、西海市大瀬戸町雪浦河通郷の古田の猪垣。「ごん窯」という窯元に近い標高340メートルの河通川右岸の支流沿いにある。

 ヒノキ林の谷沿いに結晶片岩の猪垣が延々と連なり、樹間から日が差すと結晶片岩の猪垣が陽光に輝く。「現存している猪垣で最も美しく、構造的にも見るものが多く一番、保存してほしい所」と筬島さんは訴える。「戸せき」は痕跡が残り、沢をまたぐ部分は水害などで一部、壊れているが形状は分かる。沢水を通す石積みの「水通し」も3カ所、確認できる。

 来年6月は、基点石に刻まれた猪垣の築造が開始された年月から300年の節目。古田の猪垣をはじめ、大半が築造、完成の年代が不明だが、こうした遺構を保存、活用し地域おこしにもつなげようと同市大瀬戸町雪浦の住民グループが西海市に働きかけているが、今のところ動きはない。「獣害被害が深刻さを増す今日。先人が残した農業土木遺産を継承していく方策を西海市が示してほしい」と筬島さんは訴えている。

(津田祐一)

長崎県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR