夏休みの水難事故防げ 対馬海保がプールで教室

 夏休みの海での事故を防ごうと対馬海上保安部が、長崎県対馬市の市厳原プールで「海の安全教室」を開いた。市内の小学生と保護者計80人が参加し、水難事故の対処法などを学んだ。

 教室は18日にあり、子どもたちは海保職員から水面に体を浮かせるこつを習い、ペットボトルを使った救助法などを体験。ライフジャケットの正...

残り 107文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

長崎県の天気予報

PR

PR