学校行事で江頭2:50さんの“露出”動画、セクハラじゃない?

 「娘が学校行事の一環で、下品な映像を半ば強制的に見せられたと相談してきた」。西日本新聞「あなたの特命取材班」に、県立神埼高(佐賀県神埼市)の保護者から投稿が寄せられた。動画は、タレントの江頭2:50さんが下半身を露出したかのように見える芸を披露する内容で、クラスのホームルーム(HR)の時間に流された。専門家は「学校側の配慮不足」として、セクハラの可能性を指摘する。

 8月に校舎を移転する同校は20日、終業式の後に現校舎との「お別れ会」を体育館で開催した。吹奏楽部の演奏や、全校生徒の記念撮影などがあり、サプライズ企画として、卒業生の江頭さんがビデオメッセージを寄せた。

 動画は全部で1分54秒。前半の約50秒は、江頭さんが「校舎が取り壊しになるみたいだけど、悲しくなったら先輩のオレを見ろ! そして笑え!」などと生徒たちにエールを送る内容。

 後半の約1分で、ブリーフ姿の江頭さんが下着の両端を引っ張り上げて肩に掛ける芸「ブリーフ重量挙げ」を披露。布が破れて下半身が露出したかのように見える場面があり、局部はテロップで完全に隠していた。

 同校によると、事前に動画を確認し、「お別れ会の趣旨上、前半のメッセージ部分だけで十分」「後半は不快に思う生徒がいる可能性がある」として、お別れ会では前半だけを放映。後半は各クラス担任の判断でHR時に公開することを「黙認」し、9クラスのうち、8クラスが動画の全編を見たという。

 学校内のセクハラ問題や教職員教育に詳しい藍野大の吉田卓司(たかし)准教授は「本人の同意がない中で不快な動画を見せるのは、性別を問わずセクハラに当たる」として、「放課後に見たい人が別教室で見るなど、一定の線引きが必要だった」と指摘した。

 原口哲哉校長は西日本新聞の取材に対し「江頭さんの芸は広く知られており、動画の後半を見せないよう規制するまでは考えが及ばなかった。結果的に不快な思いをした生徒がいたならば、申し訳ない」と述べた。

 (星野楽)

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR