五輪グッズ、福岡でも売れ行き10倍 開幕後に各地でレジ待ちの列

 日本勢のメダルラッシュも追い風に、開幕前までずっと低調だった東京五輪の関連グッズが急激に売れ行きを伸ばしている。全国67店舗のオフィシャルショップは軒並み混雑し、大会関係者によると、特に五輪機運が高まっていなかった地方で集客が目立つという。

 卓球混合ダブルスなど三つの金メダルに日本国内が沸いた翌日の27日。「東京2020オフィシャルショップ新宿西口店」(東京都新宿区)を訪ねると、大勢の客でにぎわっていた。

 開会式の23日を挟む4連休以降、「レジ待ちの列が絶えない」(担当者)ほどの大忙し。大会マスコットの「ミライトワ」「ソメイティ」のピンバッジ(税込み660円)などが人気で、応援Tシャツ(同3300円)は既に完売した。大会ロゴ入りTシャツを手にした練馬区の男性(74)は「離れて暮らす孫たちにプレゼントします。せっかくだからこれを着て自宅観戦で盛り上がってほしい」と笑顔を見せた。

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言下、無観客で実施される五輪は国民の賛否が割れ、永田町・国会内の販売スペースなどでも開幕2週間ほど前までは、グッズの売れ行きは鈍いままだった。

 それが一転、今は大会組織委員会の担当者が「全国の売り上げの集計作業が追い付かない」とうれしい悲鳴を上げる。オンラインショップも開会式前後にはアクセスが集中し、一時利用停止となった。組織委はここぞとばかり、「きっと、一生モノになる。」と購買心をくすぐるテレビCMも放映し、さらなるファン拡大を狙う。

 パブリックビューイングもなく、五輪の実感を抱きにくかった地方都市でのグッズの勢いは、首都圏を上回るようだ。福岡市中央区の同ショップ天神店のスタッフ・前迫圭輔さんは、取材に対し「開幕の4連休中の売り上げは、昨年の同期間と比べると約10倍になった」と話した。

(前田倫之)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR