商用EV、国内3工場で量産 北九州市のEMJ 北部九州、関東、沖縄に拠点計画

 バスやトラックなど商用電気自動車(EV)の量産化を計画している北九州市のEVモーターズ・ジャパン(EMJ)は27日、同市で会見を開き、組立工場を国内3カ所に建設すると表明した。2022年3月に着工し、日本初の商用EV量産工場として23年に稼働予定。28年までに年産1万5千台体制を目指す。

 同社は...

残り 371文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR