熊本工〝一気猛攻〟で頂点 春夏通算43回目の甲子園出場へ

 第103回全国高校野球選手権熊本大会(県高野連など主催)は27日、リブワーク藤崎台球場(熊本市中央区)で決勝戦があり、熊本工が15-2で熊本北を破り、55チーム61校の頂点に立った。熊本工の夏の甲子園出場は、中止となった第102回大会を挟んで2年ぶり22回目。春夏通算は43回目。全国選手権は8月9...

残り 1328文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR