するめ事件【詰まらない話 豊川孝弘21】

 うちの子供たちはするめが大好き。中でもS商店さんの「伊万里するめ」には目がない。大切に少しずつ、抱きかかえるように食べ、決して分けることもなく静かに保管しておく。何日にも分けて食べ続けることを楽しみとしていた。

 そんなある時、娘の大事なするめが忽然(こつぜん)と姿を消した。学校から帰宅すると、棚...

残り 704文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR