糸島・芥屋沖サメ注意 糸島署10-15匹確認【動画】

 福岡県警糸島署は28日、同県糸島市志摩芥屋の沿岸で、シュモクザメとみられるサメが10~15匹確認されたと発表した。現認した県警ヘリコプターから海水浴客などに注意を呼び掛け、約45人が避難したという。

 署によると、26日以降、市などにサメの目撃情報が寄せられていた。県警ヘリが28日午前10時すぎ、同市志摩芥屋の「幣(にぎ)の浜」の沖合200メートルで、体長1~1・5メートルほどのサメの群れがいることを確認した。

 沿岸では7月中旬以降、多くのエイが目撃されており、水族館「マリンワールド海の中道」(福岡市東区)は「エイ類を好んで捕食するシュモクザメが、繁殖のため浅場にいるエイを狙って海岸近くで群れているのではないか」と説明。魚食性で小型であっても、近寄らないことが無難という。

 市は公設駐車場などに注意喚起の文書を掲示し「海水浴やサーフィンなどのレジャーを楽しむ際は十分気を付けてほしい」としている。 (竹森太一)

福岡県の天気予報

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR