終戦の衝撃と日本沈没

 「SFの父」と呼ばれる英国のH・G・ウェルズは若い日に、オーストラリアの南にあるタスマニア島について兄と語り合った。

 英国の植民地は、本国を遠く離れるほど非道がまかり通った。19世紀のタスマニア島では、先住民を動物のように狩り、さらに離島へ追いやって餓死させる惨劇が繰り返された。

 ウェルズの兄は言った。...

残り 968文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR