柳田口火→甲斐同点犠打→坂本決めた 侍J、サヨナラ発進

 最後まで決して諦めない。「侍ジャパン」が初戦で劇的なサヨナラでの白星発進だ。3-3の九回1死満塁。坂本勇人(巨人)が相手右腕の初球の甘いツーシームを捉え、中越え打として勝負を決めた。

 公式会見で稲葉篤紀監督も納得したような表情を浮かべる。「先に点を取られて苦しい展開にはなったが、みんなが後ろにつなごうという気持ちと、最後まで諦めない気持ちが一つになった。そして最後にサヨナラといういい形になった」とうなずいた。

 逆転勝利に大きく貢献したのはソフトバンク勢だ。2点を先制された直後の七回。無死一塁から柳田悠岐(ソフトバンク)がメルセデス(巨人)から左翼フェンス直撃の二塁打。二、三塁として、好投していた左腕を引きずり下ろした。

 この回に1点を返し、柳田は「我慢、我慢という感じだったが、得点につながって良かった」と喜ぶ。再び2点差で迎えた九回も1死から逆転の起点となる内野安打で複数安打。球宴で右脇腹の違和感が出て心配されたが万全ぶりを示した。

 柳田らがつくった九回の好機で存在感を放ったのは甲斐拓也(ソフトバンク)=大分市出身=だ。1点を返し、なお1死一、三塁でセーフティースクイズ(記録は犠打野選)。同点に追いつき「やるべきことをやれた」と胸を張った。

 球界を代表する選手が集まったチームで、誰もがつなぎを徹底して劣勢をはね返した勝利。サヨナラ打の坂本らとともに今回の日本代表では最年長の柳田も「チームが一つになったし、すごく勢いのつく勝ち方」と強調した。過去の五輪では初戦で白星を飾ると全てメダルを獲得。福島から金メダルロードが始まった。 (鎌田真一郎)

関連記事

PR

PR