「最後まで、にぎやかに」 ぶれないイムズ、開館から支えた“4姉妹”

ギンギラ太陽’s×西日本新聞me「イムズマンのIMSモノ語り」5

 32年間、福岡市・天神の中心で文化や情報を発信してきた複合商業施設「イムズ」。館内ではその歩みを振り返るパネルが展示されている。福岡の街を「かぶりモノ」で描く劇団・ギンギラ太陽's主宰の大塚ムネトさん(56)が演じるヒーロー「イムズマン」の姿もある。

 「パネルにはないが、イムズの『とがり』は、屋台骨となり支え続けた“4姉妹”の存在があってこそ、ぶれることがなかったのだ」

イムズ最上部のスカイガーデンでくつろぐイムズマン

 そう、イムズには開館前から働き続ける4人の女性がいる。参与の塚本初美さん(63)と仲野照美さん(62)、副館長の大森和香代さん(60)、商業運営四部リーダーの山本祐子さん(56)だ。...

残り 2071文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR