この先も心の支えに

 筑豊総局経験者は、この地のことを「人情に厚い」と言う。一体なぜ、そうなのか。無知な新米記者だった私には、よく分からなかった。炭鉱という漠然としたイメージを持って初任地に着任した3年前のことである。

 少しずつ筑豊の歴史を勉強した。炭鉱隆盛期、きれい事ばかりではないが、隣の人同士が手を取り合って生きたことを知った。...

残り 229文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR