どうなる「くじゃく園」 施設老朽化、川棚町は売却も視野

 川棚町小串郷の長崎県立大崎自然公園にあり、クジャクの飼育数が日本一とされる「くじゃく園」や国民宿舎、キャンプ場などの町営施設について、町が売却なども視野に運営のあり方を検討している。施設の老朽化が進み、維持管理が難しくなったのが理由だ。近く立ち上げる山口文夫町長の諮問委員会で議論し、2024年度末まで...

残り 1031文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR