東京五輪ラグビー女子初戦 堤の活躍に佐賀工高後輩歓喜 

 東京五輪のラグビー7人制女子日本代表の初戦となるオーストラリア戦が29日、東京スタジアムであり、嬉野市出身の堤ほの花が出場した。母校の佐賀工業高では、ラグビー部の小城博総監督(71)と部員約60人が中継を見守り、活躍に歓喜した。

 新型コロナウイルス感染防止のためマスク姿で間隔を空けて座り、声を出...

残り 181文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

佐賀県の天気予報

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR