公式サイトにUD導入 福岡市や民間企業が次々

 視覚や手指などに障害や症状がある人向けに、インターネットの公式サイトにユニバーサルデザインを導入する自治体や企業が増えている。利用者の特性に応じて文字の大きさや配色、行間やアイコン(機能を表示する図形)の間隔を調整するシステムだ。コロナ禍でネットの利用機会は増しており、多様な需要に応える動きが広がりつつある。...

残り 765文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR