スピッツ草野が16年前に語った原点「天神のベスト電器の辺りを歩くと…」

福岡スタア倶楽部​​​​​ー2005(平成17)年1月19日 西日本新聞ー

 まだ「旅の途中」だと彼らは言う。そういえば既に18年目のキャリア。でも、それを感じさせないのがスピッツの魅力。メンバーの草野マサムネさんと田村明浩さんをGET! 時代の空気を取り込みつつ、濁らない「強さ」を感じて。(O)

 ―どんな子ども時代でしたか?

 草野:実家の近くは田んぼや畑ばかり。その中で虫や魚を捕ったり、神社でかくれんぼして遊ぶ普通の子でしたね。昔からいわゆる「オタク」っぽい性格だったと思うんですが、観察や飼育が好きという姿勢はそのまま音楽にもシフトしている気がします。

 田村:サッカーが盛んな地域で、幼稚園の文集で「将来はサッカー選手になる」と書いたり。でも小学校行ってうまい子のプレー見て、がく然としてやめました。夢捨てるの早すぎ!(笑)

 ―独特の詞の発想はどこから?

...

残り 1423文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR