感性豊かな障害者アート貸します 福岡市のギャラリーが新事業

 福岡市中央区今泉のギャラリーを経営する安部ひとみさん(64)が、障害者が描いた絵画作品のレンタル事業を始めた。収益の一部は障害者や支援施設に還元する仕組みで、利用する事業者も徐々に増えている。安部さんは「素晴らしいアートを多くの人に見てもらい、福岡が感性豊かな作品であふれる街にしたい」と話す。

 事業名称は「ポルタルテ」。「アートを届ける」のイタリア語から名付け、6月にスタートした。障害者が描いた原画をコピーしてレンタル商品として額装し、事業所などへの搬入・設置まで行う。...

残り 459文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR