けがきっかけに始めた競歩、インターハイV 北九州市立高・柳井選手

 全国高校総体(インターハイ)の陸上競技女子5千メートル競歩決勝が29日夜、福井市の福井県営陸上競技場「9・98スタジアム」であり、北九州市立高3年の柳井綾音選手が初優勝した。元々は長距離走が専門で、けがで半年間休んだブランクを埋め、走りのフォームを改善しようと高校から始めた競歩。「楽しいから続けている」と一気に頂点をつかんだ。...

残り 689文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

古代史講座

  • 2021年9月22日(水)
  • アクロス福岡 2階セミナー室2

PR