JTが10年ぶりに葉タバコ廃作の希望募る 市場の縮小を受け

 国内のたばこ市場の縮小を受け、日本たばこ産業(JT)は、葉タバコ農家から廃作を募集する。廃作の希望を募るのは2011年以来、10年ぶり。22年産以降の作付けをやめる農家に対し、10アールあたり36万円の協力金を支払う。JTが29日に発表した。

 JTは、国内の農家が生産した葉タバコをすべて買い取り...

残り 262文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR