大分県で新たに21人感染確認

 大分県などは30日、日田市の1人を含め新たに21人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。新規感染者が2日連続で20人以上となるのは5月29、30日以来、2カ月ぶり。新たに26人にインド由来の変異株「デルタ株」の疑いが判明した。

 日田市以外の内訳は大分市7人、別府市6人、中津市3人、佐伯市、臼杵市、杵築市、玖珠町が各1人。経路別では家族7人、不明5人、知人4人、県外3人など。日田市の20代男性は今月下旬に県外を訪れた際に感染したとみられる。

 30日公表した陽性者のうち13人と、28、29日に感染が判明した13人について、スクリーニング検査の結果、デルタ株疑いが分かった。 (吉村次郎)

大分県の天気予報

PR

PR