フクヒロペア4強逃す「勇気をもらった」地元からねぎらいの声  

 東京五輪バドミントン女子ダブルスの準々決勝で、中国ペアに惜敗した福島由紀選手(28)と広田彩花選手(26)。試合があった29日夜、2人の地元の熊本県八代市や和水町ではパブリックビューイングが行われ、住民らがエールを送った。大会直前の練習で広田選手が膝を負傷する非常事態に見舞われながらも、最後まで諦めず懸...

残り 1357文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR