中国でコロナの市中感染が再燃 北京でも半年ぶり確認 デルタ株流行

 【北京・坂本信博】新型コロナウイルスの感染をほぼ抑え込んできた中国で、インド由来の変異株「デルタ株」を中心に市中感染が再び広がりつつある。29日に中国で新たに確認された感染者は64人で、うち海外渡航者を除く国内での感染は21人。首都の北京でも約半年ぶりに市中感染が確認された。主要な大学が30日夕か...

残り 438文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR