辺野古サンゴ移植、県が許可撤回 「国が条件順守せず」 沖縄

 沖縄県は30日、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設先、名護市辺野古の埋め立て予定海域で防衛省沖縄防衛局が29日からサンゴの移植を始めたことに対し「高水温や台風の時期を避ける条件を順守していない」として移植許可を撤回した。県と国との対立が一段と深まりそうだ。...

残り 216文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR