「拉致」を風化させない

 でっかい夕日が東シナ海に沈んでいった。鹿児島支局に勤務していた3年前の8月、鹿児島県南さつま市の吹上浜に足を延ばした。1978年8月12日、市川修一さんと増元るみ子さんが北朝鮮の工作員に拉致された場所だ。雄大な夕日を見ながら愛を育んだ2人が姿を消して、ちょうど40年の節目だった。

 歴史的な米朝首...

残り 889文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

鹿児島県の天気予報

PR

PR