『シェフたちのコロナ禍』 井川直子著

 提供する食の内容も業務形態も異なる34人のシェフには「崇高さ」が通底している。前向きな言葉の端ににじむ途方に暮れる思いと、負の思考にのみ込まれまいと踏ん張る意志の強さ。それは、偉大な崇高さというよりも、悲しく美しい崇高さの方がしっくりくる。

 本著は、コロナ禍で正解の無い選択を迫られたシェフたちの...

残り 234文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR