エイドリアン・チャイコフスキー著『時の子供たち上・下』

 猿の惑星のつもりが-。テラフォーミング(惑星改造)で猿の進化を計画した人類だったが、アクシデントで蜘蛛(くも)が進化してしまった。蜘蛛は狩猟を始め言語を覚え、文明を発展させてゆく。壮大なスケールの宇宙SFで、どこか懐かしい。内田昌之訳。 (竹書房文庫・上下とも990円)

関連記事

PR

PR