五輪野球2人がメンバー入り 大分商後輩、熱い応援

 東京五輪の野球1次リーグで、日本の2戦目となるメキシコ戦が31日あり、代表に選ばれた源田壮亮(埼玉西武ライオンズ)と森下暢仁(広島東洋カープ)の母校・大分商(大分市)では、野球部員が世界の舞台で戦う先輩たちの姿に胸を弾ませた。

 この日は森下が先発。捕手は同じ大分市の楊志館高OBの甲斐拓也(...

残り 258文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

大分県の天気予報

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR