原爆の惨状や平和伝える 長崎市でパネル展 投下直後の映像も

 原爆被害の惨状や平和の大切さを伝える「ヒロシマ・ナガサキ 原爆と人間 写真パネル展」が31日、長崎市岡町の長崎原爆被災者協議会の会議室であった。

 被爆者の高齢化が進む中、核兵器や平和について考えてもらおうと、「長崎被災協・被爆二世の会・長崎」が企画した。幼い弟の亡きがらを背負い、直立不動...

残り 237文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR