「今残しておかないと」壱岐の歴史を次世代へ 地元出身NPO理事長の思い

 長崎県壱岐市の歴史や民俗、自然などを学び、情報を島内外に発信するNPO法人「一支國(いきこく)研究会」。2003年の発足時からメンバーで、今年5月に理事長に就任した。「責任を感じる」と話しつつ、元教諭や元市文化財担当者、農家、会社員など39人の多彩な会員とともに古代米作り体験、原の辻遺跡などの散策、歴史...

残り 818文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR