【やさしい日本語】長崎(ながさき) 出身(しゅっしん)の 選手(せんしゅ)が、タイの  代表(だいひょう)で  オリンピックに  出(で)た

東京とうきょうオリンピックには、世界せかいの  くにから、選手せんしゅが  参加さんかしています。

27さいの 深見ふかみ利佐子りさこさんは、長崎ながさきけん  佐世保市させぼしの  出身しゅっしんです。

6さいのときに、柔道じゅうどうを  はじめました。

オリンピックには、タイの  代表だいひょうで  ました。

深見ふかみさんの  おとうさんが、タイの  ひとだからです。

オリンピックでは、最初さいしょの  試合しあいで、モロッコの  選手せんしゅに  けてしまいました。

試合しあいが  わってから、深見ふかみさんは  佐世保市させぼしの  市長しちょうに  いました。

深見ふかみさんは「オリンピックは  おまつりみたいでした。ゆめが  かないました」と  はなしました。

タイの  家族かぞくや、佐世保させぼの  ともだちが  よろこんでくれたそうです。

深見ふかみさんは、大学院だいがくいんで  考古学こうこがく(archeology)の  勉強べんきょうをしています。

佐世保させぼにも  歴史れきしのある  建物たてものが  たくさん  あります。

深見ふかみさんは「佐世保させぼでも、研究けんきゅうをしたいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

関連記事

PR

PR