ホームになった田川

 先日、東京五輪の紙面作りの応援で福岡市の本社へ出張した。数日間の勤務を終え、バスで支局のある田川市に戻る際だった。席にもたれ、ぼーっと前方を眺めていた。筑豊烏尾トンネルを抜けた時だ。雲一つない青空の下に、真っ平らな稜線(りょうせん)の香春岳が見えた。「ああ帰ってきたな」。ほっとしてる自分がいた。

...

残り 259文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR