「天下」支える鉄道の姿 小出浩樹

 せみ時雨に、まばらな人影。訪れた日は1年前と変わらず、火が消えたような寂しさだった。

 温泉街に近いJR肥薩線・人吉駅(熊本県人吉市)の駅舎に立った。八代駅(同県八代市)から南下するその鉄路は昨夏、熊本豪雨に直撃され、今も大半が不通だ。博多からの九州新幹線を新八代駅でレンタカーに乗り換え、九州自動...

残り 888文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR