前日同刻、被災現場に 「阿蘇踏査の歩み」(22)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 長崎県島原市の雲仙・普賢岳で43人が犠牲となる大火砕流が発生した1991年6月3日午後4時8分、私は熊本大(熊本市)の研究室にいました。急に辺りが暗くなり、黒い雨が降りだしました。テレビをつけ、言葉を失いました。...

残り 928文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR