不動産取引、オンラインで完結 シノケンが導入、マイナンバー活用

 シノケングループは、投資用アパートなどの不動産売買時にマイナンバーカードを活用することで本人確認を電子契約で完結できる「トラストDX」を導入した。将来的には金融機関や行政とも協力し、融資申し込みや登記の手続きまでオンラインで可能にする計画という。

 個人認証にはマイナンバーカードによる個人認証を手...

残り 238文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

PR

PR