熊本県内で新たに110人感染 若年層への拡大危機感 5月19日以来の3桁

 県内では3日、新たに110人の新型コロナウイルス感染が発表された。新規感染者が3桁台となるのは5月19日以来。30代以下が6割以上を占め、県や熊本市は、ワクチン未接種が多い若い世代の感染拡大に危機感を強めている。

 年代別では、10代未満12人▽10代19人▽20代25人▽30代15人▽40代17...

残り 182文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR