明豊初戦は専大松戸と 主将「日本一」決意 夏の甲子園組み合わせ

 3日にオンライン形式で実施された「第103回全国高校野球選手権大会」の組み合わせ抽選会で、大分県代表の明豊は大会4日目の12日第2試合で千葉の専大松戸と対戦することが決まった。

 明豊が夏の甲子園に挑むのは4年ぶり7回目。これまでの最高成績はベスト8。抽選会後のインタビューで明豊の幸修也主将(3年)は...

残り 265文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

大分県の天気予報

PR

PR