“台風銀座”と呼ばれた九州 暴風の19号と高潮の18号

 かつては上陸数の多さから“台風銀座”と呼ばれた九州。福岡管区気象台が過去30年内で特筆すべき被害が出た事例として挙げる台風が二つある。暴風被害が顕著だった1991年の台風19号と、高潮被害の恐ろしさを見せつけられた99年の台風18号だ。

 【91年の19号】

 9月27日の夕方、長崎県佐世保市付近に...

残り 694文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR