猛暑一番、笑顔も一番 #この一枚

 北部九州が広く高気圧に覆われた4日、福岡都市圏は午前中から強い日差しが照り付けて気温が上がり、各地で最高気温35度を超える猛暑日となった。太宰府市で36・5度、宗像市で36・2度、福岡市中央区では36・1度と、それぞれ今年一番の暑さを記録した。

 太宰府市は2日連続の猛暑日。34・0度を記録した糸島市の芥屋海水浴場は“涼”を感じようと足を運んだ家族連れらでにぎわい、浜辺では子どもたちが笑顔をはじけさせていた。

 福岡管区気象台によると、4日の福岡都市圏は暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で局地的に雨が降った地域も。暑い日は5日以降も続く見込み。気象庁と環境省は、熱中症予防の行動を求める「熱中症警戒アラート」を県内に出し、注意を呼び掛けている。

 (竹森太一)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR