球磨川水系の整備計画 国、熊本県が策定着手 流水型ダム検討本格化

 昨年7月の熊本豪雨で氾濫した熊本県・球磨川水系を巡り、国土交通省九州地方整備局と県は4日、学識者懇談会の初会合を熊本市で開き、今後20~30年間の具体的な治水策を河川法に基づいて位置付ける「河川整備計画」の策定に着手した。最大支流・川辺川への流水型ダムや流域での遊水地の整備に向けた検討が本格化する...

残り 376文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

熊本県の天気予報

PR

PR