家族による介護、なぜ前提? GH入居者の重度化支援、政令市で格差

「親亡き後」見据えて(4)

 障害が重くても「地域で自立して暮らせる場」を求め、10年以上活動を続ける母親たちがいる。福岡市の認定NPO法人「障がい者より良い暮らしネット」だ。メンバー3人はいずれも、身体と知的の両方に重い障害のある30~40代の息子を自宅で介護している。

 代表の服部美江子さん(...

残り 1871文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

Enjoy Asia More!

  • 2021年9月14日(火) 〜 2021年9月29日(水)
  • 福岡市総合図書館

PR