緑、紫の日もある梅ケ枝餅 伝統を磨き、革新に挑戦

福岡を食べる

 「学問の神様」として知られる菅原道真を祭り、受験シーズンは多くの参拝客でにぎわう太宰府天満宮(太宰府市)。その名物と言えば、なんといっても梅ケ枝餅だ。香ばしく焼けた白い餅に梅の花の印が入った餅は、太宰府を代表するお菓子として、長年愛され続けてきた。そこに詰まっているのは、あんこだけではない。...

残り 1278文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

福岡県の天気予報

PR

PR