東京のあのビルは“弟”だった 物語で生き続けるイムズ、天神の未来は

ギンギラ太陽’s×西日本新聞me「イムズマンのIMSモノ語り」6

 今月末の閉館が迫る福岡市・天神。複合商業施設・イムズには連日、別れを惜しむ多くの人が訪れ、吹き抜けを見上げる地下2階では歴史を振り返るパネル展示に見入っている。

 ビルの「かぶりモノ」で街を描く劇団「ギンギラ太陽's」主宰、大塚ムネトさん(56)が演じるヒーロー、イムズマンは言う。「今まで秘密にしていたが、実は私(イムズ)には『弟ビル』がいるのだ」

 い、イムズに弟?

エレベーターから吹き抜けの眺望を誇るイムズマン

 遠く離れた東京・丸の内。東京五輪開催中の街は新型コロナウイルス緊急事態宣言も発出されており、観光客はまばらだ。厳しい日差しから逃げるように東京駅そばの丸の内ビルディング(丸ビル)へ。吹き抜けが心地よい。うん? この感じはどこかと似ているような…。

 「その通り」とイムズマンが胸を張る。「丸ビルこそ、私の弟ビルなのだ」...

残り 2039文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

だざいふ子ども絵画展

  • 前期2021年11月11日(木)~23日(火・祝)、後期27日(土)~12月10日(金)
  • 太宰府市文化ふれあい館 エントランスホール
me music マリンワールド海の中道 外洋大水槽前から

PR