阿蘇でも低温火砕流 「阿蘇踏査の歩み」(24)

【聞き書き】熊本大名誉教授 渡辺一徳さん

 1991年6月3日の雲仙・普賢岳大火砕流とは、規模も発生メカニズムも違うのですが、阿蘇中岳(熊本県阿蘇市)の噴火災害でも火砕流が発生し、調査したことがあります。79年のことでした。

 中岳第1火口では同年6月から、活動が活発化。マグマ水蒸気噴火とみられる大きな噴火があったのは、台風一過の9月6日午後1時すぎでした。火口へと向かうロープウエーの駅があった阿蘇山上広場で3人が死亡、11人が負傷しました。...

残り 810文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR