最低賃金821円答申 熊本地方審議会 28円増、採決で決着

 熊本地方最低賃金審議会(会長・高峰武熊本学園大特命教授)は5日、本年度の県内の最低賃金(時給)を28円引き上げ、821円とするよう木下正人熊本労働局長に答申した。上げ幅は過去最大だった2019年度と並ぶ額。労働局は異議申し立ての手続きを経て、10月1日適用を目指す。

 審議会は学識者や労使代表ら1...

残り 284文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

熊本県の天気予報

PR

PR