試行錯誤しながら付き合う 薬物治療(6)

 注意欠陥多動性障害(ADHD)の治療薬を飲み始めて6年以上がたちました。数年前、「第3の治療薬」としてインチュニブが登場。主治医によると、特に多動性と衝動性への効果が期待され、情動を安定させる働きもみられるそうです。私の場合は不注意の傾向が強いため、この薬の服用は見送りました。

 いまも新たな薬の...

残り 440文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

PR