西鉄の赤字幅が縮小、1億7100万円 4~6月期決算 物流好調、運輸は低迷

 西日本鉄道(福岡市)が12日発表した2021年4~6月期連結決算は、純損益が1億7100万円の赤字(前年同期は74億9600万円の赤字)だった。国際物流事業が海外経済の復調で伸び、赤字幅を縮小したが、新型コロナウイルス感染再拡大の影響で、鉄道やバスなどの運輸業は低迷が続いた。

 売上高は前年同期比...

残り 274文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

関連記事

PR

開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

緑のコンサート

  • 2021年10月30日(土)
  • 福岡市健康づくりサポートセンター あいれふホール

PR