勝負飯【詰まらない話 豊川孝弘33】

 対局中の将棋飯ならぬ勝負飯が、思いのほか注目されるようになった。中でも、タイトル戦の合間に食べる藤井聡太二冠の食事風景は、将棋内容だけにとどまらず「観(み)る将」にとっても注目が高いようである。お昼ご飯に何を食べたか、おやつにはこれを食べたという話題が、思わぬ人気を集めているという。ありがたいかぎりだ。ぜひ同じものを食べて勝負運をグングン上げていただきたいと思う。

 ちなみに将棋の修業時代にあたる研修会や奨励会では、対局の日のお昼ご飯は、支給されたお弁当を食べてしのぎを削っている。...

残り 617文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR