巨大巻き貝? #この一枚【動画】

ドローンeye「海辺の風景」(下) 熊本県宇城市の三角港

 熊本県宇城市の三角港で、巨大な巻き貝のように見える真っ白な建物は、「海のピラミッド」と呼ばれる公共施設だ。

 施設は高さ25メートル、直径34メートル。同県の建築文化事業「くまもとアートポリス」の一環として、1990年に建設された。デザイン性に富んだ建造物として注目され、のどかな港町で異彩を放っていた。建設当初はフェリーの旅客ターミナルとして使われていたが、現在は御所浦島(同県天草市)を結ぶ定期船などの待合室として利用されている。

 施設の屋内外には、らせん状スロープを設置。八代海や町並みなど360度を見渡せる屋上展望台が、人気の観光スポットになっている。

 ドライブ途中に夫婦で立ち寄った同市の自営業男性(33)は「目立つ外観は県外の友人に喜ばれます」と、のどかな港の風景を楽しんでいた。

 (佐藤雄太朗)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

学ぶ!SDGs×企業

  • 2021年10月20日(水)
  • カフェ&コミュニティースペース dot.(ドット)交流スペース
開催中

ストレッチング講座

  • 2021年9月13日(月)、15日(水)、22日(水)、27日(月)、29日(水)、10月6日(水)、11日(月)、13日(水)、20日(水)
  • 野中生涯学習センター

PR